本文へスキップ

夜遊びといえばファッションヘルスが定番ですね。

ファッションヘルス

ヘルス

ファッションヘルスの種類/ヘルス

男性風俗の代名詞ともいえるヘルスですが、ヘルスにもいろいろなジャンル があり、サービス内容などによって分けられます。 また店舗の個室でサービスを受けるのではなくホテルへ行って遊ぶホテヘル、 指定したところへ女の子を派遣してくれるデリバリーヘルスなど、 無店舗型のヘルスも最近では増えてきました。 それらのお店の正式名称はファッションへルスや性感へルス、 人妻専門ヘルスなどになっている事が多いのですが、全てひっくるめて ヘルスと呼ぶのが一般的です。


ファッションヘルスのサービス

ファッションヘルスとは、個室において異性の客の性的好奇心に応じて その客に接触する役務を提供する営業のことです。 基本的にはシャワーを浴びたあと、女の子が口と手を使って男性客に マッサージを行います。 業種にもよりますが男性は受身でサービスを受けます。 個室で女の子と酒を飲めるなど、マッサージ以外の要素が付加されている お店もあります。 コースの時間は30分〜90分が多く、安い店では6,000円位で遊べる お店もあります。 コースの基本料金以外に、女の子の指名料や追加サービスのオプション料 がかかる場合もありますので、詳しくは受付時に確認をしましょう。


ニューヘルス

ニューヘルスとファッションヘルスの違い、何がニューなのかというと、 普通のヘルスと違って室内にお風呂があるということらしいです。 もともとはソープランドだった建物を、店内の設備はほとんどそのままで ヘルスに営業内容を変えたものがニューヘルスということです。 ニューヘルスの始まりは1980年代後半、大阪で生まれました。 通常のヘルスの個室は狭くシャワーしかありませんが、ソープで使われていた 部屋は広くてお風呂もありますので、マットなどソープランドなみの プレイが楽しめます。 料金はファッションヘルスとそれほどかわりません。